中古マンション活用法!横浜で探す理想の住まいNavi

中古マンション活用法!横浜で探す理想の住まいNavi

どれがおすすめ?新築マンション、
中古マンション、中古マンション+リノベーション

人気の高い港街・横浜のマンションに住みたいひとは、ぜひ注目!
新築マンション、中古マンション、中古リノベーションマンションにスポットをあて、
どれがマンション住まいにオススメの選び方かを調べてみました。
まっさらなマンションで新しい生活を始めるもよし、中古マンションで費用を抑えるもよし、
はたまた中古マンションをリノベーションしてリーズナブルに自分好みにするもよし!
ここでは、「コスト」「デザイン」「物件の選択肢」という3つの視点で各タイプを調査しています。
メリットやデメリットをはじめ、実際の物件例も掲載してみましたので要チェックです。
これから横浜でマンションを購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

コストで比べる
デザインで比べる
物件の選択肢で比べる

コストで比べる

  新築マンション 中古マンション 中古マンション+リノベーション
メリット
  • ・同じ価格なら中古マンションより住宅ローンが組みやすい
  • ・優遇税制措置を受けやすい
  • ・基本的には仲介手数料はかからない
  • ・解体費用や廃材などの処分費用がかからない
  • ・新築より低コストで済む
  • ・資産価値の目減りリスクを抑えられる
  • ・新築より安く、中古マンションより綺麗で住みやすい
  • ・物件費にプラスアルファで新築並みの内装にできる
  • ・自分の予算の中で好みのデザインにできる
  • ・物件と一緒に計画できることもあって、改築の諸経費が抑えられる
デメリット
  • ・基本的に高額
  • ・仲介手数料がかかることもある
  • ・資産価値の下落リスクが大きい
  • ・基本的に仲介手数料がかかる
  • ・リフォームが必要な場合がある
  • ・仲介手数料がかかることもある
  • ・物件を購入してからだと別途リフォームローンを組む必要がある
  • ・解体費用や廃材などの処分費用がかかる場合がある
事例 みなとみらい線「みなとみらい駅」徒歩2分
広さ:73.48m2~81.23m2
(3LDK)
価格:8,260万円~9,050万円
東海道本線/東急東横線/京急本線「横浜駅」徒歩10分
築年数:築22年(1994年03月)
広さ:103.8m2(3LDK)
価格:8,980万円
広さ:105.37m2
(4LDK→4LDK)
価格:2,100万円
物件+リノベーション価格:6,980万円
コストで比べる
デザインで比べる
物件の選択肢で比べる

デザインの自由度で比べる

  新築マンション 中古マンション 中古マンション+リノベーション
メリット
  • ・既存のデザインが気に入れば、まっさらな気持ちで生活できる
  • ・モデルルームをを見られるので、納得のいくデザインのものを買える
  • ・既存のデザインが不満であれば、リフォームができる
  • ・配管の取り替えや耐震補強ができる
  • ・自分好みの自由なデザインが可能
  • ・施工会社の腕次第で新築同然の内装にすることができる
  • ・ライフスタイルにあった間取りの変更ができる
  • ・配管の取り替えや耐震補強などができる
デメリット
  • ・立地と好みのデザインがマッチするとは限らない
  • ・気に入ったデザインを見つけるのに時間がかかることがある
  • ・家具などは部屋に合わせて選ぶ必要がある
  • ・建物の構造や規約で改修できないところもある
  • ・すでにデザインが完成してしまっている
  • ・建物の構造や規約でリノベーションできないところもある
  • ・デザイン提案してくれない会社だと、すべて自分で考える必要がある
事例 東急田園都市線「青葉台駅」徒歩13分
広さ:67.73m2~68.27m2
価格:4,598万円/4,698万円
東急田園都市線「たまプラーザ駅」徒歩4分
築年数:築11年(2005年11月)
広さ:66.22m2(1LDK)
価格:5,980万円
広さ:51.43m2
(1LDK→1LDK)
価格:540万円
物件+リノベーション価格:3,780 万円
コストで比べる
デザインで比べる
物件の選択肢で比べる

物件の選択肢で比べる

  新築マンション 中古マンション 中古マンション+リノベーション
メリット
  • ・最新設備が設置されている
  • ・地盤/構造/管理形態などで選べる
  • ・物件の選択肢が多い
  • ・立地や住環境を選べる
  • ・物件の選択肢が豊富
  • ・立地や住環境を選べる
  • ・自分の好きな物件を好みにカスタマイズできる
デメリット
  • ・立地や物件タイプ、住環境など、物件の選択肢が限られる
  • ・気に入った場所に新築が建つとは限らない
  • ・隣人などは入居してからでないと、どんな人かわからならい
  • ・内装などが気に入らない場合がある
  • ・建物が気に入ったとしても、設備が古い場合がある
  • ・設備が古い場合がある
事例 東海道本線/横須賀線/横浜市営地下鉄ブルーライン「戸塚駅」徒歩13分
築年数:築15年(2001年09月)
広さ:68.00m2~69.37m2
(2LDK+S~3LDK)
価格:3,498万円~4,098万円
横浜高速鉄道MM線「馬車道駅」徒歩1分、京浜東北線/根岸線「関内駅」徒歩7分
築年数:築12年(2004年03月)
広さ:67.07m2(1LDK)
価格:5,380万円
広さ:53.68m2
(3DK→1ROOM+WIC)
価格:800万円
物件+リノベーション価格:2,990万円
コストで比べる
デザインで比べる
物件の選択肢で比べる

参考にした不動産会社


東急リバブル

東急リバブルのHP画像
引用元:東急リバブル
(http://www.livable.co.jp/)

東急リバブルは、母体が東急電鉄を持つ東急グループであり、東京中心の事業展開ではありますが、鉄道網を敷く神奈川県内にもかなり力を入れていて、実力も備えた会社です。
1972年に国内初の不動産流通業に特化した会社として、東急不動産の売買仲介部門から独立して誕生。不動産関連の事業では、不動産売買仲介、賃貸物件仲介のほか、新築物件の受託販売や自社開発マンション分譲を行なっています。
新築マンションの売買では、グループ会社である東急不動産の物件の扱いが豊富ですが、現在自社開発の「L'GENTE(ルジェンテ)」というシリーズに力を入れているようです。
このシリーズは、新築だけでなく、中古リノベーション、投資型マンションの3つに分類されており、新築マンションについては、女性が住みやすい住居というコンセプトで、都心の駅近にコンパクトな間取りで提供しています。

リスト サザビーズ
インターナショナル リアルティ

リスト サザビーズ インターナショナル リアルティのHP画像
引用元:リスト サザビーズインターナショナル リアルティ
(http://www.listsothebysrealty.co.jp/)

不動産業界を変革しようという熱い想いのもと、不動産スペシャリストとして1991年に誕生したリスト株式会社。
不動産仲介や、マンションの分譲、注文建築などの戸建て分譲からはじまり、都市開発へと事業を拡大。ノウハウを蓄積した現在は、一戸建てやマンションの企画から販売までの一連の業務や、不動産売買や賃貸の仲介業のほか、マネジメント業などのストックビジネスにも手を広げる総合不動産会社としての地位を確立しました。
高級物件を扱うサザビーズブランドを冠したリスト サザビーズ インターナショナル リアルティは、横浜・東京・海外53ヵ国に事業を展開するグローバルな会社で、現在も横浜や湘南を発信源に世界への事業展開の挑戦を続けています。
なお神奈川県では、不動産仲介部門で3年連続売上高No.1の実績をあげている会社でもあります。

リノベ不動産|Beat HOUSE
(ビートハウス)

ビートハウスのHP画像
引用元:リノベ不動産|Beat HOUSE(ビートハウス)
(http://beat0909.com/)

Beat HOUSE(ビートハウス)はそれぞれの個性や想いをカタチにしたオンリーワンの家、いままでにないワクワクを創造してくれる、従来の業界の枠を超えた新しい会社です。
中古マンション購入後にリノベーションする場合、銀行、不動産会社、設計事務所、施工会社など、さまざまな会社との契約が必要となり、時間と中間マージンがかかってしまいます。
けれどもBeat HOUSEでは、資金計画、不動産購入、設計デザイン、リノベーション、インテリアの提案、アフターサービスまでを一括で扱うため、希望のリノベーションが簡単でリーズナブルに実現できます。
受賞歴豊富なデザイナーや建築士が多いのが特徴で、デザインや施工にも徹底的にこだわり、人にも環境にも優しい無垢材などの本物の天然素材を使用し、自社現場監督が責任をもって設計から施工まで行ってくれます。

コストで比べる
デザインで比べる
物件の選択肢で比べる

中古マンションの購入注意点まとめ

傾き調査や地盤調査


傾き調査や地盤調査

中古マンションを購入する場合、まずはそのマンションが安全な状態かどうかを調べることが重要です。どのように調べたらよいのかを解説します。

マンションの建築年式


マンションの建築年式

中古の物件を購入する際に気になるのが築年数。その時代によって行政の建築規制も異なります。特に耐震基準については知っておきたいところです。

耐震基準


耐震基準

地震大国といわれる日本。近年、大地震も想定されていることから、必ずチェックしたいポイントです。そのためにチェックすべきことをお教えします。

 アスベストやシックハウス


アスベストやシックハウス

中古マンション購入の際、建物の構造だけでなく、資材や内装についても調べてみましょう。シックハウスを引き起こす原因物質やアスベストは大丈夫?

防音や気密性


防音や気密性

一戸建てとは異なり、各戸がつながっているマンションでの防音対策は気になるところ。気密性が高いかどうかも事前にわかれば、住む前に対策が打てます。

エレベーターなどの共用設備


エレベーターなどの
共用設備

中古マンション購入にあたり、個人で解決できないのが、配管やエレベーターなどの共有設備の問題です。事前に必ずチェックしたいポイントはどこ?

管理形態や修繕積立金


管理形態や修繕積立金

マンションには付き物の管理体制のチェックは重要。資産価値にも影響を与える重大ポイントですから、管理形態や修繕積立金の詳細を確認しましょう。

【要チェック!】どこまでリノベーションできるか


【要チェック!】どこまで
リノベーションできるか

自室を新築のようにしたい場合に欠かせないリノベーション。その施工範囲は構造によっても変わります。どこまで改築できるかを知っておきましょう。

コストで比べる
デザインで比べる
物件の選択肢で比べる

中古マンション
購入前に知っておきたい知識

リノベーションと
リフォームの違い

リノベーションとリフォーム、どちらも共住部分を改修する手段ですが、施工範囲は異なります。両者の違いについて、改修できる設備や改築できる範囲の違いを解説します。

中古マンション購入時の
仲介手数料とは

中古マンションを購入する際に、ほぼ確実に発生するのが仲介手数料です。では仲介手数料とはどのようなものなのでしょうか。それ以外にかかるとされる諸経費もご紹介。

購入時に受けられる
補助金

決して安くはない不動産購入。中古マンションを購入する場合に受けられる補助金や減免措置について解説します。意外といろいろと用意されているので要チェック!

中古マンションを
売却することになったら

一生の買い物と思ってマンション購入を決めても、将来、売却することがあるかもしれません。なるべく高く売却したい場合に、気を付けたいポイントとは何でしょう?

コストで比べる
デザインで比べる
物件の選択肢で比べる